創健吹矢を楽しむ会

(一社)日本スポーツウエルネス吹矢協会

  八千代中央支部の発足の歩み

 

八千代市(やちよし)は、千葉県北西部に位置します。人口約18万5千人、県内第7位の市です(6位は市原市)日本初の住宅団地「八千代台団地」が建設された地域で、住宅団地発祥の地として有名です。八千代台駅を中心として住宅が密集しており、市内では最も人口密度が高いところです。現在も東葉高速線沿線を中心に宅地開発が行われています。
政令都市千葉市、習志野市、船橋市、白井市、佐倉市、四街道市、印西市等が隣接しています。
 
幹線道路は国道16号線、国道296号線(成田街道)が伸びています。江戸時代には、成田街道大和田宿は、成田山への参拝客のための宿場町として栄えましたが現代その面影は見えません。
 
さてスポーツ吹矢を楽しむ会は平成2007年12月から公認指導員の髙松保氏が社会福祉センターでボランティア活動としてスポーツ吹矢の普及活動を始めたのが最初です。
2008年5月社会福祉センターにおいて体験講習会を開催、6月よりサークル「スポーツ吹矢を楽しむ会」として金曜日の活動を始めました。7月に勝田台南小学校コミュニティスクールにて体験講習会を開催「スポーツ吹矢を楽しむ会」水曜日の活動としました。
 
11月には同会員20名となりました。
スポーツ吹矢を楽しむ会の有志6名が「スポーツ吹矢を楽しむ会」の中に支部設立を希望され支部名を八千代中央支部、支部長に髙松保氏を推し、㈳日本スポーツ吹矢協会より11月13日正式に八千代中央支部として認定許可され初代支部長として髙松保氏が任命されました。
2009年11月佐倉市西部地域福祉センターにて体験講習会を開催、12月よりスポーツ吹矢を楽しむ会」土曜日の活動としました。
 
2014年4月佐倉市に支部を㈳日本スポーツ吹矢協会に設立を申請し5月15日に佐倉桜花支部として認定許可され2016年7月末スポーツ吹矢を楽し会」から独立しました。
 
2019年4月1日には(一社)日本スポーツ吹矢協会八千代中央支部」の名称が(一社)日本スポーツウエルネス吹矢協会八千代中央支部」と変更になりました。
同時に「スポーツ吹矢を楽し会」の名称を「創健吹矢を楽しむ会」に変更されました。
純粋に吹矢を楽しみ健やかな心身を育む「創健吹矢を楽しむ会」を母体に、「(一社)日本スポーツウエルネス吹矢協会八千代中央支部」も更なる協調性を高め笑顔広がる稽古で益々の発展を目指しております。

 

    段・級位認定者(人)(平成31年3月16日更新)

   3級      2級     1級     初段   二段   三段  四段   五段  六段
2 1 2 6 7

 4

   0    1    0   
 

 

現在3箇所の会場で楽しく稽古をしています(*^_^*)

水曜日 

 勝田台公民館での稽古風景

 工事中🛠️

 

 

 

 土曜日

     練習風景